So-net無料ブログ作成

夢・目標を叶えるために~成功も、失敗も・・・編~  [コーチの連載ブログ]

こんにちは!
生まれも育ちも山梨県のみなとみらい校の水上コーチです。
みなとみらい校連載ブログ第6段の今回は「目標の実現のための計画」を簡単に紹介します。

みなさんはあまり耳にしたことがないかもしれませんが、ビジネス用語などで使われる『PDCAサイクル』という言葉があります。
Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を揃えたもので、4つのステップを一つのプロセスとして継続していくことによって、さまざまな取り組みを改善していこうというものです。

Plan(計画)の「P」。まず現状を分析し、計画をたてます。そしてこの目標を達成するために計画を立案し、実際にどのような方法でこの目標を達成するかの手順、方法やルールを決定します。

Do(実行)の「D」。「P」でたてた計画や方法に従って実行します。

Check(評価・分析)の「C」。この計画や方法がどうだったのかをチェックします。また目標に向けての達成具合などもここでチェックします。

Action(改善)の「A」です。「C」の分析の結果から、やり方を改善、内容の見直しを行います。

そしてその反省点を踏まえ、このサイクルを繰り返します。
PDCAでは、計画から改善に至るプロセスを継続することで、次の計画に結び付けることに特徴があるそうです。


少し難しい話になってしまいましたが、普段のスクールや、合宿、イベントなどでコーチたちが「目標を持とう!」「目標をたててみましょう!」などと話すことがあると思います。この目標を達成・実現するために、この「PDCA」も使える部分があると思い簡単に紹介させていただきました。

夢(大きな目標)を実現するために・・・
P:まずは現在の自分を知り、目標、計画を立てる。
D:「P」でたてた計画を実行する。
C:何ができていて、何ができないのかを評価し、なぜできていないのか、何が足りないのかなどを分析する。
A:「C」で出た課題を踏まえ、新たに計画を立てる(改善する)。

コーチも日頃の指導、日頃の業務の中で、目標達成のために意識しています。
すべてがうまくいくわけではないので、失敗する場合もありますが、それも新たな計画を立てるための材料とし、さらに自分を高めていけるよう前向きに考えるようにしています。

「成功も失敗もすべては自分の糧となる!」
成功も失敗も、その経験を自分自身に次に活かす気持ちさえあれば、必ず自分を大きくできると思っています。
これからもさらに良い選手、良い人間に成長できるようにがんばりましょう!

さて、次回は・・・・
2014年度より二俣川校からみなとみらい校の担当となったあのコーチです!!
お楽しみに!


みなとみらい校  水上コーチより